skip to Main Content

【病気にならない生活習慣】身体の「錆び」を防ごう


みなさんこんにちは。リアクティブ・トレーナーの李彰浩です。

今年も残すところあと6日となりました。

この少ない日数も、皆さまに健康のお手伝いをしっかりやっていきたいと思います!

 

さて、今日からは

「病気にならない生活のしかた」

についてお話ししていきたいと思います。

日々を楽しく生活し、年を取っても元気に過ごすためには、重大な病気は避けたいところですよね。

大きな病気というのは、「生活習慣病」と呼ばれる種類のもの以外でも、日々の食事や運動、過ごし方などの生活のしかたが影響しています。

遺伝による病気があることも事実ですが、それはけして多くはなく、やはり悪い生活習慣で起こる病気のほうが多いのです。

その中でも、今日は身体の

「酸化」

についてお話ししていきます。

 

酸化とは

身体の酸化とは、簡単に言うと「身体が錆びること」です。

金属でないものが錆びる?と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、同じことが我々の身体にも起こるのです。

金属が錆びることとは、金属が酸素と結合して劣化していくことです。

人間は常に酸素を身体に取り込んでいます。

酸素は人間がエネルギーを作るために必要不可欠なものですが、酸素は取り込まれてある条件が重なると、体の中で活性酸素に変化します。

活性酸素はウイルスや細菌を攻撃する役目がありますが、多すぎると細胞を傷つけ、ガンなどの重大な病気の原因になったりもします。

この細胞が傷つけられ、本来の機能を失ったしまうのが「酸化」であり、身体が「錆びる」ということなのです。

 

錆びた食べ物を食べると、身体も錆びる!

我々が普段口にする食べ物も「錆び」ます。

切ってしばらくたったリンゴの断面が茶色く変色したり、繰り返し使っている揚げ油が黒っぽくなるのも「酸化」であり、「錆びる」ことです。

これも空気中に存在する酸素の影響によるものです。

実は、こう言った「錆びた」食べ物を食べることでも、人間の身体は「錆びて」しまうのです。

酸化した食べ物を摂ることで、体内で活性酸素が作られやすくなります。

体内にはもともと、活性酸素と戦うための酵素が備わっています。

ただしその量には限りがあり、それの節約をするためには、初めから酵素が備わっている食べ物を摂る必要があります。

古くなっている食べ物は酸化しているばかりか、酵素がなくなっているかほとんど残っていないため、体内の酵素が消費されてしまう結果になります。

体内の酵素が減るという事も、病気になりやすくなる原因です。

酵素についてはコチラ

 

身体を酸化させない食べ方

基本は、なるべく新しいものを食べることです。

食材を買う時は、とにかく新鮮なものを選びましょう。

その他には・・・

・作って時間のたったもの× ⇒ 作ったものはすぐ食べる〇

出来合いのお惣菜などよりも、手作りのものが良いですね。

・野菜、肉、魚などカットされたものを買う× ⇒ ブロックで買い、自分でカットして使う〇

カットされている分、表面積が増えているので、断面からどんどん酸化しているのです。

・白米× ⇒ 玄米〇

白米は皮が剥かれている分、絶えず酸化していっています。

 

ぜひ、皆さんも意識していただき、病気知らずの身体を目指しましょう!

 

 

 


Back To Top