skip to Main Content

つらい肩こり…オフィスや自宅で簡単に行なえる解消ストレッチ


こんにちは。リアクティブ・トレーナーの李彰浩です。

まだまだ暑い日がありますが、日差しや空の感じがだいぶ秋らしくなってきましたね。

秋は食べ物がおいしい季節なので楽しみです♪

 

さて、今日は多くの人が持っている身体の問題

肩こり

についてです。

 

日本人に最も多い症状

肩こりは、厚生労働省の国民生活基礎調査(2015年度)によると、有訴者率で男の2位、女の1位を占める症状で、全体のトップを占めています。

とても多くの人が持っている症状で、自覚症状がない場合でも、実際に「凝っている」方も多く見受けられます。

 

どこが凝っている?

肩こりにおいて凝っている筋肉は、主に

僧帽筋

という筋肉です。

僧帽筋は上部・中部・下部と別れており、それぞれ機能が違います。

肩こりで凝っているのは上部の僧帽筋で、これは肩甲骨を挙上する作用があります。

つまり、肩こりの人は、上部僧帽筋が縮んで、肩甲骨が引きあがり、常に「肩が上がった状態」になっていると言えます。

 

肩こりを対処!簡単にできる上部僧帽筋のストレッチ

肩こりを改善するには、この上部僧帽筋をストレッチしてゆるめる必要があります。

ストレッチをするためには、その筋肉の機能と反対方向の動きを行ないます。

上部僧帽筋は、肩甲骨を挙上するほかに、首を横に倒し、首を反対方向に捻る働きもあります。

つまりストレッチをするためには

・伸ばしたい側の肩甲骨を下げる

・首を、伸ばしたい側と反対方向に倒す

・首を、伸ばしたい側に捻る

動きを行なえばよいわけです。

オフィスや自宅など、椅子に座っている時に簡単に行なえますので、ぜひ行なってみてください。

 

①椅子に座り、伸ばしたい側の手で、座面の端をつかみます。

 この時、肩がしっかり下がった状態だとよりGOODです。(写真では左肩)

 

②次に、首を伸ばしたい側と反対方向に倒します。

 この時に、肩が付いてきて上がってこないようにします。

 この状態で20~30秒キープ。

 

③さらに、伸ばしたい側に首をひねり、斜め上方向を見るようにします。

 ここでまた20~30秒キープ。

 

いずれも痛みを感じない範囲で、反対側も同じように行ないましょう。

 

根本から改善することが大事

今日ご紹介したストレッチは、「肩が凝っている」という「結果の現象」に対してアプローチしています。

このストレッチで、肩こり自体は一時的に解消されますが、「なぜ肩が凝っているのか」という「原因」を明らかにして、それを改善することが必要です。

そうでないと、結局「少し良くなる→また肩がこる→少し良くなる」という過程の繰り返しです。

次回のブログでは、肩が凝ってしまう原因についてお話しし、その改善法をご紹介したいと思います。

 

正しいストレッチの方法はぜひご相談ください。

無料体験も受付中です!

詳しくはコチラ

 


Back To Top