skip to Main Content

昨日はバレンタインデー!身体に良いチョコレートを選ぼう


みなさんこんにちは。リアクティブ・トレーナーの李彰浩です。

かなり久々の更新になってしまいました。

特に何かがあったわけではありません、元気です!(笑)

関東はこの冬はものすごく寒い!という日はなかなかありませんね。

個人的には、一度くらいは雪が積もって真っ白になる景色を見たいです。

(交通網は大変になってしまいますが…)

 

さて、昨日はバレンタインデーでしたね。

男性の皆さんたくさんもらいましたでしょうか?

女性の方も、最近では自分のために買ったり、女性同士で送り合ったりしている方もいるそうですね。

バレンタインデーと言えばチョコレートですね。

僕は何を隠そう、大のチョコレート好きです!

「え、そんな甘いもの身体に悪いんじゃないの?」という声が聞こえて来そうですね。

今日はそんなチョコレートについてお話したいと思います。

 

チョコレートは健康食

じつはチョコレートは身体にとても良い健康食といえます。

チョコレートの原料であるのがカカオマス。

カカオマスの学名は「テオブロマ」と言い、ギリシャ語で「神の食べ物」と言う意味です。

それほどまでに身体に良いということですね。

カカオマスにはカカオポリフェノールがたっぷり含まれており、抗酸化力が抜群に強い食べものなのです。

酸化=老化です。

見た目が老けるだけではなく、ガンや動脈硬化など、様々な病気を引き起こします。

それを防いでくれる1つが、抗酸化食品。

抗酸化力の強い食品ランキングでは、チョコレートの原料であるココアパウダーが10位にランクインしています(ちなみに10位以内の半数はスパイス類)。

 

注意!多くは「チョコ風味の砂糖のかたまり」

こんなに身体に良いチョコレートでも、お店で売られている多くは逆に身体に悪いものばかりです

商品のパッケージ裏の「原材料名」の欄を見てみましょう。

この欄には、使われている量が多い順に書かれています。

お店で売られているほとんどのチョコレートの原材料のトップが「砂糖」です。

カカオマス・ココアパウダー・カカオバターでできているのがチョコレートであるはずですが、これでは「砂糖のかたまりチョコ風味」になってしまいます。

「スイートチョコ」「ミルクチョコ」はもちろんですが、「ブラックチョコ」「ビターチョコ」となっているものでも、砂糖がトップに来ているものがほとんどです。

砂糖は逆に酸化を促進する上、もちろん肥満や糖尿病の原因、さらには骨を脆くする悪影響もあります。

ハイカカオのものを選ぼう

最近はかなり流行ってきていて、カカオ量の多いものも増えてきていますね。

少なくとも70%以上のものを選ぶようにしたいところです。

さすがに90%くらいのものだとかなり苦いですが、僕は出来るだけ80%前後のものを選んでいます。

みなさんも、身体に良いスイーツをしっかり選んで、楽しみながら健康になりましょう♪


Back To Top