skip to Main Content

メリットたくさん!ストレッチをやる理由とやるべきストレッチ


みなさんこんにちは。

Salon RE–ACTIVEトレーナー&セラピストの

李 彰浩です。

 

 

今年はなかなか冬の感じがしないと

思っていたら、すっかり

寒くなりましたね(笑)

寒いのはすきではありませんが、

四季がはっきりしている方が

やっぱりいいなと思います。

 

さて、今日は

ストレッチ

についてです。

 

なぜ、ストレッチを

した方がいいのか?

どんなストレッチを

するべきなのか?

についてお話ししていきます。

身体を動かしていれば当然、

生きていることだけでも

身体はこわばります。

その日のこわばりは

その日のうちにほぐしておきたいもの。

その基本的な方法が

ストレッチなのです。

 

ストレッチの目的

 

やるのはいいと知っていても、

なぜ行うのかについて

詳しく知らない方も多いのでは

ないでしょうか?

こんな良いことがあるんです。

関節可動域を大きくする

筋肉が緩むため、関節の

動く範囲が広くなります。

これにより身体がスムーズに

動くようになり、

ケガをしづらい、

腰痛や肩こりになりにくい、

消費カロリーも増える

といったメリットが得られます。

血流の改善

筋肉のポンプ作用が高まるため、

血流が改善されます。

それにより乳酸やリン酸などの

疲労物質が除去され、

疲れが取れたり、疲れにくく

なります。

また、血流が良くなれば当然

冷えやむくみの改善にもつながります。

リラックス効果

筋肉が緩むことにより、

副交感神経が優位になり

身体も心もリラックスできます。

寝つきの悪い方は、睡眠前の

ストレッチもお勧めです。

 

ストレッチの種類

一般的に「ストレッチ」というと

まず紹介する「静的ストレッチ」を

さすことが多いです。

静的ストレッチ

関節の可動範囲一杯まで筋肉を

伸ばした状態を、一定時間

キープするストレッチです。

今回のブログはこの

静的ストレッチのことを

メインにお話ししています。

特に運動後や、就寝前に

リラックス目的で行なうのに

適しています。

動的ストレッチ

静的ストレッチとは対照的に、

ダイナミックに動きながら行なう

ストレッチです。

イメージはラジオ体操や

体育の時間の準備体操。

運動する前のウォーミングアップに

適しています。

バリスティックストレッチ

動的ストレッチに近いですが、

反動をつけて行なうストレッチです。

瞬発的な運動をする前に行なうのに

適しています。

パートナーストレッチ

自分は力を使わず、

パートナーの力で伸ばしてもらう

ストレッチです。

自分は完全脱力でできるので、

もっともリラックス効果が高い

ストレッチです。

僕の提供するタイ古式マッサージも

パートナーストレッチが多く

含まれます。

 

タイミング問題

運動に少し詳しい人だと、

運動前の静的ストレッチは

運動のパフォーマンスが

落ちるので行なわず、

動的ストレッチや

バリスティックストレッチを

行なう方がいい

ということが知られています。

確かに、運動するには

適度な筋肉の張りが必要なので

静的ストレッチで筋肉が緩みすぎたり

しすぎるのはマイナスです。

しかし、これから運動するにあたって

ある程度の心の準備やリラックスが

必要な場合もありますし、

そもそも動的ストレッチや

バリスティックストレッチを

行なう以前に身体がこわばっている

人も多いので、

運動前に静的ストレッチが

効果的な場合も多くあると

思います。

基本的には、身体が温まっている時が

静的ストレッチのベストタイミングなので、

ある程度運動した後や

お風呂の後がおすすめです。

 

全身の静的ストレッチコンプリート!

Instagramのアカウントで、

取り組みやすいオーソドックスな

静的ストレッチを、

1種目ずつ動画で

紹介しています。

ぜひご覧になって、毎日

行なってみてください!

毎日投稿しているので、

別の新しい投稿で埋もれる前に

ぜひ!(笑)

 

コチラをクリック!!

↓↓

李 彰浩【転ばないジジ・ババ育てます@目白/高田】(@changho_lee1530) • Instagram写真と動画

 

 

 

 


Back To Top