skip to Main Content

ウィルスに負けない!舌のトレーニングで感染症予防


みなさんこんにちは。リアクティブ・トレーナーの李彰浩です。

コロナウィルスが猛威を振るっており、首都圏の緊急事態宣言もそろそろ出される流れになってきましたね。

一人ひとりの行動を注意し、早く収束していくことを願ってやみません。

 

さて、そんなコロナウィルスにも関連し、今日は感染症を防ぐための一つのトレーニングを紹介したいと思います。

ポイントは、

・舌の筋トレ👅

・口呼吸をやめて鼻呼吸

です。

 

感染してしまう原因の一つは口呼吸

私たちが普段当たり前に行っている呼吸。

それには色々な種類がありますが、大きく分けられる分類のひとつに

口呼吸

鼻呼吸

があります。

このうち口呼吸は、風邪やインフルエンザ、コロナウィルスなどの感染症にかかりやすくなります。

鼻呼吸をメインで行っていくことが正しい呼吸なのです。

鼻は、タダで手に入る(というか、手にしている)暖房機能付きの空気清浄加湿器です。

外の空気にはたくさんのウィルスやほこりなど、有害なものが含まれていますが、鼻呼吸ではそれをある程度ブロックし、直接入ってくることを防げます。

冷たい空気が直接入ってくると、気管や肺がが冷えてウィルスが生きやすくなりますが、鼻呼吸によって、空気が暖められた状態で気管・肺に送ることができます。

乾燥した空気が直接入ってくれば、当然気管や肺は乾燥し、ウィルスが生きやすくなりますが、鼻から吸うことにより、鼻腔内で加湿もされ、それを防ぐこともできます。

口呼吸は、そのような機能がほとんどなく、そのまま空気を気管や肺に送り込んでしまうため、ウィルスに感染しやすくなるのです。

 

鼻呼吸のための癖付け(トレーニング)

ここまで読んでいただいて、今ご自分が「口呼吸している!」と気づかれた方も多いのではないでしょうか。

では鼻呼吸にするためにはどうすればよいか。

一つは、呼吸に意識を向けて、その時に鼻で呼吸するようにすることです。

それを繰り返すことにより、癖がつき、徐々に鼻呼吸メインにすることができるでしょう。

しかし、起きている時間ずっと意識するのも難しいですし、現実的ではないですよね。

そこでおすすめしたいのが、

舌の筋トレ

です!

 

舌の筋トレで鼻呼吸にシフトしよう

みなさん、今ご自分の舌のポジションはいかがでしょうか?

図のように、口腔(口の中)の舌の方に落ち込んでいないでしょうか?

このポジションでいると、口呼吸になりやすい上、舌で下あごを押し出してしまうので、かみ合わせの悪化や、頭が前に出て姿勢の悪化につながります。

 

舌の正しいポジションは、口蓋(口の中の天井)に舌がべったりついている状態です。

舌先だけではだめで、舌先から根元に向けて2/3以上の面積がついている必要があります。

そのポジションをとってみていかがでしょうか。

自然と口呼吸ができなくなり、強制的に鼻呼吸になることがわかりますよね。

×

      ↓

これが舌の正しいポジションなのです。

 

つまり、この正しいポジションになるように、力を入れていけば良いわけです。

舌の2/3以上を口蓋(口の中の天井)にべったり付け、口蓋を舌で上に押すように力を入れる。

力を入れた状態を5秒キープ、これを10回程度行うと良いでしょう。

このとき、鏡などで正面から見て、舌のしたの細い筋がピーンと伸びて見えることがポイントです。

 

いまのこの局面を皆さんで乗り切りましょう

先日のブログでもお話ししましたが、提言されている3密を避けることに加え、自己免疫力を高めることも非常に重要です。

今日のブログでお話ししたような、感染予防の一助になることプラス、高い衛生、バランスの取れた食事、十分な睡眠、そして適度な運動で自己免疫力を高めていきましょう。

僕のサロンでも、正しい運動と、適切なボディケアを提供しています。

多くの人が出入りする場所ではないうえ、次亜塩素酸水で消毒もばっちりおこなっていますので、安心してご来店いただけます。

ぜひ一度お問い合わせください!

お問い合わせはこちら

 

 

 

 


Back To Top