skip to Main Content

パーソナルトレーニングの第1歩!カウンセリングについて


 

みなさんこんにちは。

目白・高田馬場のパーソナルトレーニング

ジムSalon RE-ACTIVEのトレーナー/

セラピスト李彰浩です。

 

さて、今日からこのブログでは、僕がパーソナル

セッションをどのように進めているかについて

お話していこうと思います。

ラ〇ザップさんが人気になり、我々が提供して

いるパーソナルトレーニングもかなり認知されて

きましたが、実際のところどんなことをするのか

についてはわからない方が多いと思います。

ぜひ参考にしていただき、ご自身の健康の

一助に役立てていただければと思います。

 

李のパーソナルセッションの大まかな流れ

ざっくりとお話するとこのような流れに

なります。

・カウンセリング

  ↓

・評価

  ↓

・プラン

  ↓

・ボディケア&トレーニング

カウンセリングからプランまでは、

初回の時にじっくり時間をかけて行ないます。

その後も、定期的に続けていく中で、

必要に応じて都度行なっていくこともあります。

 

まずはカウンセリングから

今日はこの中で最初の段階、カウンセリング

について詳しくお話していきます。

初回のセッション時には、このカウンセリング

にじっくり時間をかけます。

 

何をお話するか

カウンセリングでは、このようなこと達を

お聞きし、皆さまに身体を変え、健康に導く

土台としています。

動機・目的

そもそものパーソナルセッションを受けよう

と思われているご動機をお伺いします。

・身体にどのようなお悩みがあるか

(体力がなくなってきた、〇〇が痛い、太りやすくなってきた など)

・身体をどう変えたいか

(疲れにくい身体にしたい、引き締めたい など)

・どのようなトレーニングをしたいか

ご自身でも普段意識していないこともあったり

するので、聞けば聞くほどたくさん出てくる

方も多くいらっしゃいます(笑)

遠慮なくぶつけていただきます。

目標・どうありたいか

上の動機・目的でお聞きしたことを達成した

ときの自分がどうありたいか、どうなって

いたいかについてお聞きします。

・ずっと元気で仕事・趣味を続けたい

・介護いらずの体力を持っていたい

・海外旅行に体力の心配なく行きたい

・モテたい(笑)

などなど。

ここをイメージし、わくわくすることが

とても大事です。

これがトレーニングを続けるための

なによりのモチベーションになるのです。

現状のお身体の状態について

目標を達成するうえで改善すべき点や、

運動するうえで危険の可能性があることに

ついてお聞きします。

・不定愁訴(腰痛、膝痛、五十肩 など)

・内科的疾患(高血圧、糖尿病 など)

・大きなケガや、事故の経験

・通っている病院や医療施設、など

運動歴

ご本人の体力の把握や、運動の種類の

好き嫌いについてお聞きします。

・これまでのスポーツ歴

・スポーツ以外でのトレーニングや、フィットネスの経験

ご本人のライフスタイルについて

パーソナルセッションをどのように生活に

組み込むか、また生活様式を把握して

どのようなアドバイスが必要になるかを

考えていきます。

・お仕事

・家族構成

・ご趣味

・生活リズム

など

 

そのほか、どのくらいのペースでトレーニング

できるかや、ご自宅でもできるか、また運動

以外にアドバイスを希望するかなど、

目的に応じて様々なことをお聞きしていきます。

 

ご自身を知るきっかけにも

カウンセリングを行うことによって、普段

意識していなくかった目的がわかったり、

僕とお話することによってご自身では

気付いていなかった身体の状態がわかったり、

日常での思わぬ落とし穴に気付いたりと、

色々な発見ができます。

カウンセリングを受けるだけでも楽しいので、

ぜひ体験にお気軽に足を運んでみては

いかがでしょうか。

 

ぜひご体験を

目白・高田馬場のパーソナルトレーニング

ジムSalon RE-ACTIVEではパーソナル

トレーニングの体験を随時承っております。

完全個室・完全予約制のサロンで、

お客様は40代以上の中高年の方が中心です。

 

体験では今回お話ししたカウンセリングを

みっちり行います。

高田馬場駅徒歩3分・目白駅徒歩7分

で、下落合・早稲田エリアからも

ほど近い立地です。

20分カウンセリング+60分

トレーニングが初回のみ特別価格です。

詳しくはコチラをご覧ください。

 

お問合せお電話番号 050-3696-1530

LINEからはこちら

 

次回は次の段階、「評価」についてお話していきます!

 


Back To Top