skip to Main Content

便利なセルフケアツール!”ストレッチポール”のおすすめの選び方


 

みなさんこんにちは。

目白・高田馬場のパーソナルトレーニングジムSalon RE-ACTIVEのパーソナルトレーナー/セラピスト李彰浩です。

最近ではすっかりイチョウの葉が色づいてきましたね。

 

さて、今日はご家庭でもお持ちの方も多いエクササイズツールである

ストレッチポール

についてです。手軽に筋肉をほぐしたり、姿勢を整えたりするのに最適なツールですが、

実際のところ間違った選び方をしている方がほとんどです。

今日は正しい選び方と、おススメのストレッチポールについてお話ししていきます。

 

そもそも「ストレッチポール」の名称問題

実は、「ストレッチポール」は一般名ではなく、商標名です。

コチラのメーカーの製品の名前であり、この製品が先駆けで、あまりに有名になったために、一般にも知られるように

なりました。

一般名は実は「フォームローラー」と言います。

他のメーカーだと、「ヨガポール」や「リセットローラー」「ストレッチ用ポール」といった製品もありますね。

ここから先は一般名のフォームローラーと呼ぶことにします(笑)

 

選ぶポイントその1 硬さ

フォームローラーは、硬すぎるものはよくありません。

例えば、硬い床の上に一晩中寝ると、翌朝背中がバキバキになりますよね?

それが硬いフォームローラーでも同じことが起きるわけです。

どういうことかというと、硬いところに体重が乗り、そこに接している筋肉に硬い刺激が加わると「反射」というものが起き、その筋肉は硬くなってしまうのです。

これは床面やフォームローラーが硬ければ硬いほど強く起きます。

実は、有名な「ストレッチポール」は、あらゆるメーカーが販売しているフォームローラーの中でも、かなり硬い部類に入ります。

個人的な意見を言わせていただくと、この硬さにマッチする人は、かなり体格が大きく、筋骨隆々で、さらに充分な筋肉の柔軟性も備えている抜群のコンディションの、まさにエリートアスリートだけだと思われます。

実際に一般の方が使うためには、かなり柔らかめのものがおすすめになります。

僕が普段使っていて、お客様の指導にも使っているフォームローラーで、一番硬いものでもこのくらいの柔軟性があります。

 

選ぶポイントその2 材質

「ストレッチポール」は、表面が革張りになっています。

これは中の素材が汗など水分を吸収してしまわないために作られているのですが、実はこれが結構曲者です。

革の縫い目が、使っているときに邪魔になりますし、経年で革が伸びてしまい気持ちよく筋膜リリースやリラックスができなくなります。

そこでポイントになるのが、

・水分を吸収せずカバーが必要ない

・十分なクッション性がある

ことになります。また、表面がツルツルだと、使っている最中に滑ってしまい、充分な効果が得られなかったり転落の危険もあるため、

表面にある程度凹凸があったり、小さいドットが付いていて

滑る心配がないものを選ぶのもポイントです。

 

筋膜リリースで使うときのポイント

また、同じ人でも、筋膜リリースをする部位によって使い分けることも重要です。

例えば、お尻の大殿筋やすねの前脛骨筋はかなり強い圧によってほぐすことができるので、硬いフォームローラーを使います。

逆に外ももの腸脛靭帯などは、痛みを感じやすく先述した「反射」が起きやすいため、柔らかいフォームローラーを使うことになります。

そのため、同じ人でも、硬さの違う2~3種類のフォームローラーを持っていることがおすすめです。

 

フォームローラーを選ぶポイントまとめ

〇思ったより柔らかめのものを。

⇒「ストレッチポール」は硬すぎる方が多い

〇カバーがないもの、滑らない加工がしてあるもの

⇒EVA素材の、凹凸やドットが付いているものを。

〇身体の部位によって適正な硬さは違う

⇒硬さの違う2~3種類を持つのがベスト

目白・高田馬場のパーソナルトレーニングジムSalon RE-ACTIVEでは、3種類の硬さの違うフォームローラーでお客様のセルフケア指導をしています。

こちらもEVA素材でカバーはなく、八角形のドットが付いていて滑る心配がありません。

販売もしておりますのでぜひお気軽にお問い合わせください。

 

筋膜リリースについて詳しく

知りたい方はコチラ

 

ボディケアのご体験を

目白・高田馬場のパーソナルトレーニングジムSalon RE-ACTIVEではトレーニング・ボディケアの体験を随時承っております。

タイ古式マッサージで徒手によるほぐし、ストレッチはもちろん、ご自身で普段行なっていただくストレッチや筋膜リリースのレクチャーも行ないます。

疲労回復には抜群です。

またトレーニングである程度身体を動かし鍛えることで、疲れにくい身体も手に入れることができるでしょう。

カウンセリング込の80分が初回のみ特別価格です。

詳しくはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

 

 


Back To Top